メイド服やコスレプと狂気の沙汰のやり直し

メイド服やコスプレと狂気の沙汰?とも言える私生活などを書きます。

メイド服が好きです。

俺はメイド服が大好きです。

これに目覚めたのは30代後半の頃です。

それまでは、仕事ばかりの生活をしていましたし、東京の秋葉原に行く事もほとんどありませんでした。

その後、会社員をやめて、母親が脳出血で倒れるなど、色々とありましたけど、何とか生きていっています。

その中で、俺はメイド服が好きだと言う事に気が付いたのは、つい最近の事なんです。

ちなみに、何故か昔流行した「ふんどしUSBケーブル」は持っています。

「angel kitty、コスプレusbキーボードを発表」の時に、これは面白いと思って即効で買いました。

それ以来、メイド服やコスプレなどとは無縁の生活をしていたんです。

しかし、たまたまビジネスセミナーで知り合った友人と次の日に、カレーを食べに行く事になり、その後、秋葉原で遊ぶことになりました。

男二人で、秋葉原を散策する事になったんです。

もう一人の人はかなりの肉体派なのですが、本人の言うには、オタク気質だそうです。

その人は30代半ばでメイドカフェやコスプレに目覚めたと言っていました。

メイドに覚醒するのは、いつになるかは分からないものですね。

男二人で、秋葉原を散策したのですが、目についたのが、ガンダムのカフェでした。

ガンダムのコンセプトにはしていましたが、これと言って何もありませんでした。

そして、ガンダムカフェを出て、外を歩いていると、メイドさんが道端にいたんです。

もちろん、お客さんを見つけているのですが、そこで、可愛いメイドさんを拾って、行きました。

設定として、メイドカフェが自分の家という設定になっています。

そのため、出ていくといきなり「ご主人様、おかえりなさいませ」とメイドが挨拶をしてくれました。

それで、可愛いご飯を食べたりして、メイドの歌も聞いて帰りました。

ちなみに、チェキもしっかりと撮影して楽しんできました。

これがメイドカフェの第一歩です。

この続きなどは、詳しく書いていきたいと思っています。

しかし、秋葉原の店はメイドカフェであっても、ニューリリースしたりと色々あると思いました。

ここでの経験は非常に楽しい物でした。

コスプレについて

コスプレを最初に見たのは、秋葉原ではありません。

正確に言えば、秋葉原の道端でメイドの格好をした女の子を見たのが先なのですが、彼女たちは、仕事でメイドの格好をしているのであってプロのコスプレの人です。

素人のコスプレを見たのが名古屋が最初でした。

あと、名古屋の名駅の前でよくドラゴンボールの悟空のコスプレをした人を見かけますが、それとは別で、ちゃんとしたマニアックなコスプレの人を見ました。

というか、栄の三越や松坂屋の前で歩行者天国になっていて、コスプレイベントをやっていました。

女の子であっても男性のキャラとかのコスプレをしていますが、これがまた、非常によくできていたのでビックリしました。

特に女性の方が小柄なので、男性のコスプレには向いているのかな?とも感じた次第です。

もちろん、スーパーマリオのマリオとルイージ、ヨッシーなどのお馴染みのコスプレーヤーもしましたが、他にもゲームのキャラやわけのわからないコスプレの人もいました。

今の時代は、楽しい時代になったのか変な時代になってしまったのかは分かりませんが、時代は変わっているんだなと実感しました。

自分は写真を撮らせてもらうだけで、やっていませんが、まずは東京のハロウィン辺りからコスプレを始めるかも知れません。

コスプレをするとしたら、ヘルメットを被った北斗の拳のジャギ辺りから行きましょうかね?誰も近寄ってくれないかも知れませんが、ヘルメットを被るだけなので楽でいいかなと思った次第です。

それか、マスクをかぶったキン肉マンでもいいかも知れません。

ただし、リアリティを求めると赤いパンツ一丁になるので、逆に厳しいかも知れません。

狂気の沙汰のやり直し

狂気の沙汰と書きましたけど、日記のような事を書きたいと思います。

今までの自分を振り返ってみると、この年まで結婚もしていませんし、ブラック企業みたいなところで仕事ばかりをしてきたような気がします。

だけど、何をするにも、自分は極端すぎたなと思っています。

例えば、仕事であっても一人だけで休日出勤をするとか、一人で夜勤をするとか、自分だけが困難な生活を受け入れてきたような気がします。

他の人に比べて、こき使われやすいというか、冷遇されやすいようです。

しかし、そういった生活から抜け出したくて自分のなりの生きる道を模索して、今の自分があるわけです。

自己啓発本を読んだりはしましたがセミナーに行ったりはしていません。

セミナーに行った人も話とかを聞いてみても、俺は行く必要がないかなと思ったりもしました。

そして、いじめられっ子であった俺が社長になったりもしたのですが、やっぱり、周りって何も変わりませんよね。

はじめの一歩という漫画がありますが、そこで、いじめられっ子の一歩が昔のクラスメートから注目を浴びることになります。

ボクシングの日本チャンピオンになったからです。

その頃には、いじめっ子だった梅澤君までもが一歩の協力者になっていました。

そこで、一歩がいじめられっ子から、いじめられなくなって、その事について喋ったのが、「気が付いたら周りが変わっていた」と言う事でした。

しかし、俺の場合は、社長になったり年収で1500万を稼いでも周りの人間は変わることはありませんでした。

むしろ、お金に対してたかろうとするとか、そういう人まで出てきました。

そういう人間とは縁を切って現在では、社長仲間とばかりつるんでいます。

そうした場所の方が自分には会っているように思うからです。

この先、自分がどうなるかは分かりませんが、このサイトではメイドカフェの事や日々の健康やダイエットの事、コスプレで思った事などやお勧めの飲食店など色々な物を紹介したいと思いました。


Copyright (C) 2016 メイド服やコスレプと狂気の沙汰のやり直し All Rights Reserved.