メイド服やコスレプと狂気の沙汰のやり直し

エイベックスって数々の有名ミュージシャンを排出していますよね。

エイベックスって一時流行してたよね。

エイベックスは日本の企業グループです。

エイベックスの中でも有名なのがデジタルコンテンツ、レコード会社、そして芸能事務所ではないでしょうか。

それぞれ中核企業としてエイベックスの中に存在しています。

企業名の由来はAudio Visual Expertからです。

1988年に創設したエイベックスは、もともとは輸入レコードの卸会社でした。

当時はディスコブームに乗っかりジュリアナ東京などとのコンピレーショなるバムをリリースし、その後90年代に入ると小室哲哉とともにダンスミュージックを発表し企業はどんどん成長していきます。

そこから安室奈美恵や浜崎あゆみなどが主力となり、レコード会社の中ではトップクラスの実力を持つ企業となっていきました。

近年ではドワンゴとの資本提携を行ったり日本音楽著作権協会に委託していた著作権管理を同系列会社であるイーライセンスに委託するなどの変化を見せています。

数多くの所属アーティスト、子会社を持ち、レコード会社について詳しくなくてもエイベックスという名前を聞いたことがある人はとても多いはずです。

松浦勝人ってどんな人? 

松浦勝人は日本の音楽プロデューサー兼実業家兼エイベックス・グループ・ホールディングス代表取締役社長CEOです。

1964年10月1日生まれ、神奈川県横浜市出身です。

1988年4月にエイベックスディーディー株式会社を設立し取締役に就任後、1991年に専務取締役に就任、2004年から現在進行形で代表取締役社長に就任しました。

ほかにも(株)エイベックス&イースト代表取締役社長、AVEX CHINA CO.,LIMITED董事長、コンプライアンス委員長エイベックス通信放送(株)代表取締役会長などを兼任しています。

松浦勝人の実家は中古車販売業でしたが、大学時代に菓子レコード店でアルバイトをしそのときに出会った林真司、小林敏雄とともにレコード会社の設立に至ります。

多くのアーティストに慕われている存在で、エイベックスを大企業へと成長させるきっかけとなった小室哲哉とは公私にわたるパートナーとなりました。

途中意見の食い違いから絶縁状態になったものの小室哲哉逮捕時に被害弁済から約6億5000万円個人的に融資したほどです。

4

エイベックスと浜崎あゆみの関係

エイベックスの社長である松浦勝人は創業以来多くのアーティストを手掛けてきました。

中でも有名なのが、浜崎あゆみでしょう。

浜崎あゆみはエイベックスで歌手デビューして以来若い女性を中心にカリスマ的魅力で日本中で大ヒットしました。

エイベックスの筆頭格とも呼ばれている浜崎あゆみは、エイベックスとの信頼関係はとても厚いです。

特に代表取締役である松浦勝人との縁は深く、エイベックス内紛が勃発した際も真っ先に松浦を支持するほどの官営だといわれています。

そのため、一時期は松浦と浜崎あゆみの熱愛報道がされるほどだったのです。

しかし近年の浜崎あゆみはヒット曲も生まれず、エイベックス独立説が出ています。

浜崎あゆみ本人はエイベックスからの独立を完全に否定していますが、関係者は浜崎本人がエイベックスの愚痴を言い独立を示唆しているともいわれているのです。

2000年代の浜崎あゆみは出す曲すべてがヒットしオリコン初登場首位もミリオンヒットもあたりまえでしたが現在はエイベックス側がプロモーションをあまりせずヒットも生まれない状況のせいでしょう。

大塚愛とエイベックスの関係

日本のシンガーソングライターである大塚愛は、2003年にさくらんぼをリリースしロングヒットを飛ばし人気歌手となりました。

現在はイラストレーターや絵本作家としても活躍しています。

甘えんぼ、金魚花火、プラネタリウムなどのヒット曲を生み出しますが2012年以降はAIO、aio名義で曲を発表するもなかなかヒット曲には恵まれていません。

これはレコード会社であるエイベックスも関係しているといわれています。

現在は新バンドのRabbitを結成し久しぶりの歌手活動にいそしんでいますが、知名度は全くといっていいほどありません。

産休明けのコンサートも想像以上に盛り上がらずエイベックス側も頭を抱える存在といってよいでしょう。

大塚愛名義で活動をすれば名前の知名度から売れる可能性はあるものの、別名義やバンドとして活動するとなると知名度がほとんどなくなってしまうため、ファン活動につながりません。

しかしエイベックスよりも過去にヒット曲を出した大塚愛の法が立場が上ということもありうまく扱うこともできず事務所側が匙を投げている状態なのです。


Copyright (C) 2016 メイド服やコスレプと狂気の沙汰のやり直し All Rights Reserved.